ぞくっ、

怪談を読むと、怪異が寄ってくるという話がある。その代表的なものが、百物語だ。

百の怪談をひとつ語るたび、ひとつろうそくを消す。最後の怪談を読み上げ、すべてのろうそくが消えた時、何かが起こるというもの。Mさんから聞いたこの話も、怪談にちなんだものだ。

その夜、Mさんは部屋で怪談本を読んでいた。読み始めたのは風呂上がりだったが、気付くと深夜2時。読書好きで怪談好きだったため、つい夢中になってしまったのだそうだ。湯冷めしてしまったせいか、部屋が物凄く寒く感じられたという。

翌日は日曜だったので、時間を気にする必要はなかった。しかし、このまま読んでいたら風邪をひいてしまいそうだ。そう思ったMさんは、その夜はもう寝ることに。

ただ、寝る前に水を一杯飲もうと思い、キッチンに向かおうとした。すると…

キッチンの床に、影が映っていた。…人影だ。

そんなわけは、ない。Mさんは独り暮らし。この家には他に誰もいない。…まさか、泥棒か…ストーカーか……そう思って目線を上にあげると…

…誰もいない。

見間違いかと思って再び目を落とすと……やはりそこに影があった。しかも…少し、Mさんの方に近づいているように思えたそうだ。瞬間敵に元々感じていた寒気が、一層強くなった気がしたという。

怖くなったMさんは、水を飲まずに床へとついた。翌朝…キッチンを見ると、影などどこにも映っていなかった。もちろん、誰かが侵入した形跡もない。

その後…深夜まで怪談本を読むということはやめたそうだ。

怖い話データ

観測場所:東京

観測者:女性(当時年齢:不詳)

タグ:

怖い話を投稿する
サイトマップ