ぞくっ、

自動販売機

夏の熱帯夜のことだった。深夜作業していたTさんは、無性にのどが渇いた。

しかし残念なことに冷蔵庫の中はからっぽ。インスタントのコーヒーやお茶を入れることはできるが、できれば冷たいものが飲みたい…。

そこでTさんは、近所の自動販売機まで飲み物を買いに行くことにした。コンビニで夜食も一緒に買う…というのも考えたが、コンビニまでは結構距離がある。そこで、手近な自動販売機で済ませることにしたのだという。

Tさんの家は住宅街の中にあるため、人通りはもちろん車通りもなく、とても静かだ。他の家は灯りを消すか雨戸を閉じているため、街灯以外の灯りがなく、かなり暗かった。そんな中Tさんは、とぼとぼと自動販売機まで向かった。

自動販売機といえば、たいていコカコーラだとかサントリーだとかいった飲料メーカーのロゴがペイントされている。しかしその自動販売機にはメーカーのロゴがなく、赤一色で塗り潰されていた。

メーカーのロゴの代わりに、全品100円!と白文字で描かれている。販売している商品は統一感がなく、有名メーカーのものからコレどこのメーカーだよといったレベルものまで様々。

Tさんは自動販売機に100円を投入し、炭酸系の栄養ドリンクのボタンを押した。これからもうひと頑張りする予定だったので、カフェインとビタミンの力を借りようと思ったのだ。ボタンを押すと、ガコッと自動販売機の中で缶の動く音がした。

…しかし、取り出し口に缶が落ちてこない。

しばらく待ってみても缶が出てこない…。自動販売機を叩きたい衝動にかられたが、何せ時間帯が深夜。大きな音が出せないので、そーっと自動販売機を揺すってみたそうだ。…だが、やっぱり缶は落ちてこない…。

やっぱり、叩いてみようか…。そうは思ったものの、深夜ということがどうしても気になる。仕方なくTさんはかがみこみ、自動販売機の取り出し口に手を突っ込んで、中を探ろうとした。取り出し口の直前で引っかかっているだけかもしれない。

すると…にちゃっ、という感覚があった。

何かのひき肉に触れたような、柔らかく、べとっとした感覚。気色の悪い感覚にTさんはおどろき、思わず手をひっこめた。深夜にもかかわらず「ひぃっ!」という悲鳴まで上げてしまったという。

恐らくこのひき肉のようなものにひっかかって、飲み物が出てこないのだろう。手の匂いを嗅いでみると、脂肪臭い中に腐敗臭を感じる、イヤーな匂いがした。

Tさんはそのまま引き返し、家に着くと急いで手を洗った。その夜は、仕方なく暖かいお茶でガマンしたそうだ。

その後、気持ちが悪くてその自動販売機を使うことはなかったそうだ。そのまま何カ月か経つと、自動販売機は撤去されてしまったという。

怖い話データ

観測場所:神奈川

観測者:男性(当時年齢:不詳)

タグ:

怖い話を投稿する
サイトマップ