ぞくっ、

クラクション


Hさんが車でドライブをしていた時のこと。時間はちょうど、深夜0時を過ぎたくらいだったそうだ。仕事が終わって、どうにも寝付けないので気分転換にドライブに出たのだという。 車通りの少ない深夜のドライブは非常に快適で、Hさんは・・・

変貌


Tさんには仲の良い従姉妹がいた。家が近所だったため、幼いころからよく2人で遊んでいた。学校に入ってからも、放課後はほとんど2人で遊ぶことが多かった。 従姉妹はとても明るく、ほがらかに笑う子だった。笑った時にうかぶえくぼと・・・

郵便配達


Eさんがフリーターだった頃の話。Eさんは夜勤シフトを担当することが多かった。そのため、夜に仕事をして朝家に帰り、午前10時ごろ床に就くような生活リズムだったそうだ。 Eさんの家には午前10時ごろ、郵便配達が手紙を配達に来・・・


Sさんの住む家はかなりの歴史を持っているという。部屋数はさほど多くないが、古めかしい日本家屋。その家の中で一部屋、まったく使ってない部屋があった。 それは、和室。おそらく寝室として作られたであろう部屋だ。この家に越してき・・・

いたずら


Sさんは、一度だけ霊能者を頼ったことがあるという。 社会人になって数年が経過したころ、ある日を境に急にツキが悪くなった。通勤電車に乗り遅れたり、お弁当が目の前の一人で売り切れたり…。細かいことではあるのだが、ツイてないな・・・

怖い話を投稿する
サイトマップ