ぞくっ、

人は夜、必ず夢を見ているという。夢を見た記憶がないという場合、目覚めた時に夢を忘れてしまっただけなんだそうだ。この話を聞かせてくれたSさんは、あまり夢を見ないタイプ…。つまり、目覚めた時に夢を忘れてしまうタイプということになる。

当時、Sさんの元によくいたずら電話がかかってきていた。定期的にかかってきていたので今思い返すと、詐欺犯が下調べのためにいたずら電話をしていたのかもしれない。ただ不思議なのは、電話がかかってくるタイミング。

必ず、睡眠から目覚めた後に電話がかかってきていた。朝だけではない。昼にうたたね寝したような時でも、起きると電話がかかってくる。逆に、うたた寝しなかった昼には電話がかかってくることはない。

何度かそういうことがあって、Sさんは電話番号の変更を検討し始めていた。…そんなある日のこと。

その夜、珍しくSさんは夢を見た。夢の中でSさんは、妹と一緒に散歩をしている。歩いていると、珍しい形の花に目が惹きつけられた。

「ねえ、この花珍しいね…」そう言いながら妹の方を見ると、そこに妹はいない。

妹は誰かに足を掴まれ、連れ去られようとしていた。引きずられながら、懸命にもがく妹。「妹を返しなさいよ…!」Sさんは妹の手を握って、懸命に引っ張った。だが妹をひっぱる力はとても強い。

Sさんと何者かに逆方向へ引っ張られ、妹は「痛い…痛い…」と悲鳴を上げた。でもSさんは力を緩めない。「ごめんね、ごめんね」と言いながら妹を引っ張り続けた。

何者かの力がさらに強くなり、妹の悲鳴がさらに強くなった。思わず、Sさんは叫んだ。「妹は絶対に渡さないんだから!」

…と、そこでSさんは目を覚ました。夢から覚めても、まだ夢の中のような気がする……それくらい、リアルな夢だったという。

目を覚ました次の瞬間、いたずら電話がかかってきた。電話に出ると、くぐもった声が聞こえた。

「おまえの妹をわたせ…」

その言葉にSさんは大きな声で「妹は絶対に渡さないんだから!」と怒鳴った。妹に後から「どうしたの?」と心配されるほど大きな声だったそうだ。

不思議なことに、その一件があってから後、いたずら電話はパタリと止んだという。

怖い話データ

観測場所:神奈川

観測者:女性(当時年齢:小学生・具体的な年齢は不詳)

タグ:

怖い話を投稿する
サイトマップ