ぞくっ、

夜勤

老人ホームに勤めていたYさんが、昔に体験した話。その日は、老人ホーム全体が暗いムードに覆われていた。

その日、入居者の一人が急に体調を悪くし病院へ入院…。そのまま容体が悪化し、亡くなるということがあったためだ。

亡くなったその入居者は、お孫さんからもらった赤い紐のついた鈴を常に持ち歩いており、いつも音色を自慢していたという。

Yさんはちょうどその日、夜勤だったそうだ。

引き継ぎを終え、夕食や服薬、就寝の介助……いつも通りに仕事は進んでいった。巡回もスムーズに終わり、2時前には休憩に入れたという。ところが、Yさんが一息ついたとき…

どこかで、チリン…という音がひとつ、聞こえた。

ナースコールではない。チリン…という……鈴の音だ。

気のせいかとも思った。…しかし、しばらくすると再び……チリン。

Yさんは、さすがに無視できなくなって、廊下に出た。出ると、廊下に霧がかかっているように見える。そして、少し、けむい。

Yさんは火事かと思って一瞬焦ったものの、どうもその匂いは煙のものではない。…それは、お線香の匂いだった。目をこらすと、霧のように見えるのは、線香の煙のようだ。

Yさんは煙を追うように、廊下を進んでいく。まるでYさんを手まねきするように、定期的にチリン…と鈴の音が響いた。やがて…Yさんは老人ホームの玄関に辿りついた。そこには…

…その日、亡くなった入居者の荷物が置かれていた。翌日、遺族が引き取りにくるはずのもの。線香の匂いと白い霧は、どうもその荷物から漂っているようだった。

Yさんは、荷物が目に入った瞬間、急いで引き返したという。そのまま翌朝まで、玄関には近づかなかったそうだ。

翌日、日勤を担当する別の職員によって、無事遺族に荷物は引き渡されたという。

怖い話データ

観測場所:大分

観測者:女性(当時年齢:不詳)

タグ:

怖い話を投稿する
サイトマップ