ぞくっ、

倉庫

Oさんは、ある運送会社に警備員として勤めていた。運送会社の社員達が仕事を終え帰宅してから、Oさんの仕事は始まる。

仕事入りと深夜2時、朝6時という3回、決められたルートに従って倉庫内の見回りを行う。それ以外の時間帯は、監視モニターをチェックする…というのが主な仕事だった。

見回り中気をつける必要があるのが、倉庫の二階。二階といっても申し訳程度。フロアのほとんどが吹き抜けになっており、二階部分はほとんど「へり」といっていいような狭さ。

一応手すりがついているためそこまで危険ではないのだが、暗い中で見回るため注意するのに越したことはなかった。

その日も、Oさんは一度目の見回りを慎重にこなした。…しかし、深夜2時の見回りの時。

倉庫の中に、人影を見かけた。倉庫の二階部分だ。

懐中電灯と、警棒を手にOさんは人影を追った。髪の長さからして、女性のように見える。

場所が二階なので慎重に追いかけたいところだが、相手のスピードが早く、そうも言っていられない。Oさんは手すりから手を離し、かけ足気味に追いかけた。

すると、次の瞬間、Oさんの視界がぐらっ…と回転した。

目まいかと思ったが、そうではない…。…Oさんは手すりを乗り越え、転落していたのだ。

さいわい当たり所がよかったのか、打撲程度の怪我で済んだそうだ。しかし、Oさんはその日を最後に仕事を辞めた…。

Oさんが追っていた相手の場所からすると、追っていた相手は空中を飛んでいたことになる。どう考えても…人間ではない。そのことを思うと震えが止まらなくなり、とてもじゃないが続けられなかったという。

以降、深夜警備員の仕事は避けるようにしているそうだ。

怖い話データ

観測場所:千葉

観測者:男性(当時年齢:不詳)

タグ:

怖い話を投稿する
サイトマップ