ぞくっ、

心霊写真

写真屋に勤めていたAさんの話。

スマホのカメラが当たり前の今とは異なり、当時はカメラといえばフィルムカメラ。写真を記録するためのフィルムをカメラにセットして撮影。フィルムを使い切ったらカメラから取り出し、「現像」という作業を行ってようやく写真を見ることができた。

現像は光の入らない暗室という特殊な部屋で作業する。このため、一般の人が自分で現像することは少なく、たいていプロに依頼していた。写真現像のプロ……つまり、写真屋というわけだ。

その日も、Aさんはいつも通り依頼された写真の現像作業を行っていた。そろそろ冬の気配が迫ったころだったためか、紅葉を写したものが多かったという。そんな中に……思わず目を奪われる1枚があった。

真っ赤な山が映っている。…まさしく、真っ赤。火事で燃えているように……いや、血のように赤い、紅葉の山。

数分……いやもしかすると数秒だったかもしれない…しばしAさんはその鮮やかなに、魅入られていた。そして、次第に視線は一本の木に引きつけられた。その木には…

その木には…、人が、首を吊っていたのだ。

何かの間違いかもしれない…たまたま、写り込んだ影がそう見えるだけでは…?そう思って見返すものの、何度見ても変わらない。人が、首を吊っている。さらに、それどころか…

…見ている内に、山の紅葉が、その死体から飛び散っているように見え始めた。死体から鮮血が飛び散り、山が赤く染まっているのだ…。

Aさんは結局、その写真を現像しなかった。光が写り込んでいて、現像できなかったということにしたのだ。

Aさんはその後、わざわざお祓いを受けたという。

怖い話データ

観測場所:三重

観測者:男性(当時年齢:不詳)

タグ:

怖い話を投稿する
サイトマップ