ぞくっ、

さかさ

Uさんが友達と一緒に肝試しに行った時のこと。場所は、友達の家のすぐ近所にあるマンション。人が住んでおらず、その朽ち果てた状況から心霊スポットとして有名な場所だった。

手入れもされず、好き放題生い茂った植物。黒ずんで古びた壁。実際に行ってみると、そのおどろおどろしさから、不安を感じずにはいられない場所だった。

Uさんと友達が気になったのが、黒ずんだ壁。友達が、黒ずんだ部分を見て、人の形に見えると言い出したのだ。

ところが何度見返してもUさんには人の形になど見えない。「気のせいじゃない…?」そう伝えると、「そんなことないよ!」友達のあまりの剣幕にUさんはびっくりしたという。

驚いているUさんの様子を見て、友達は謝ってきたものの、表情はすぐれない。何か、よくない感じがするのだという。「体調が悪いのかもしれないから、ここで帰ろう?」

そうUさんが言ったものの、「Uには見えないんだったら、気のせいだと思う。また来るのも手間だし、もう少し探索しよう」とのこと。

しかし…探索を続けるうちにどんどん友達の容体が悪くなっていき……やがてバタリと倒れてしまった。

「大丈夫…?」声をかけようとしてかがみ込むUさん。その瞬間のことだった。

かがみこもうとして、自分のわきの下越しに…つまり、上下逆に…黒い染みが目に入った。それは……マンションの壁に叩きつけられた…人の影に見えたという…。

瞬間、全身に鳥肌の立ったUさんは、友達を起こすとすぐさま自宅に引き返した。それから、その心霊スポットに近寄ったことは一度もないそうだ。

怖い話データ

観測場所:茨城

観測者:男性(当時年齢:不詳)

タグ:

怖い話を投稿する
サイトマップ