ぞくっ、

旅行の晩

Mさんが熱海に旅行をした時のこと。旅行1日目…観光を終えたMさんは、お酒も手伝って夜の10時には床についたそうだ。

しかし、何かの気配を感じて、すぐに目が覚めた。Mさんは、左向きで寝る癖がある。このため、必ず右耳が上を向く。その右耳に、こんな音が響いていた。

……ぎぃ…ぎぃ…ぎぃ……。何の音なんだろう…。そう思ったものの、まだうとうととした眠気が残っており、そのまま寝てしまった。次に目が覚めたのは、朝だったという。

翌日も、Mさんは同じホテルの同じ部屋に泊まった。その夜Mさんは、体がだるかったため、お酒を控えた。食事もほとんど残してしまったという。

床についたのは、一日目と同じ、夜10時。だるさからか、気絶するように眠りについたそうだ。すると、一日目と同様、何かの気配を感じ目が覚めた。

……ぎぃ…ぎぃ…ぎぃ……。一日目と同様、右耳に音が届いている。……ぎぃ…ぎぃ…ぎぃ……。一日目と違い、目は冴えていた。音は鳴り続いている。

……ぎぃ…ぎぃ…ぎぃ……。この音は何なのだろう。そう思ったMさんは体を動かそうとした…。…しかし、動かない。金縛りのような状態だ。

体が動かせない中、……ぎぃ…ぎぃ…ぎぃ……という音だけが鳴り続いている。そんな中、ゆっくりと目が慣れてきた。暗闇に、何かの影が浮かび上がる。

それは……はだしの足。その足は吊るされたように浮いており……揺れていた。……ぎぃ…ぎぃ…ぎぃ……という音は、足が揺れるのに合わせて鳴っている。

――誰かが、この部屋で首を吊っている!?

……Mさんの記憶があるのはそこまでらしい。気付くと、朝になっていた。

旅行は三泊四日の予定だったが、次の日Mさんは旅行を中止して家に帰ったという。

怖い話データ

観測場所:静岡

観測者:女性(当時年齢:不詳)

タグ:

怖い話を投稿する
サイトマップ