ぞくっ、

老婆

Nさんには、忘れられないできごとがあるそうだ。

その夜は、しとしとと雨が降っていたという。Nさんは車を運転していた。高速道路だったが、雨と夜の闇とで視界が悪いため、やや遅めに運転していた。

ふと、左のサイドミラーに後ろから近づいてくる気配を感じた。Nさんの車が遅いから追い抜こうというのだろう…。

…だが…よくよく考えると、Nさんの車は一番左の車線を走っている。左のサイドミラーに車が映るはずはない。なら、この気配は何だ!?Nさんは左のサイドミラーに目をやった。

すると…そこには、ずぶぬれのまま、異様なスピードで走る老婆の姿があった。Nさんは恐怖からアクセルを踏み込んだ。

それからどこをどう走ったのかは覚えていないらしい。気付くと、パーキングエリアにいたという。そこで車から降りたNさんは、あることに驚いた。

雨など、降っていなかった。車のどこを見ても、濡れた形跡などなかったそうだ…。

怖い話データ

観測場所:愛知

観測者:男性(当時年齢:不詳)

タグ:

怖い話を投稿する
サイトマップ