ぞくっ、

ラジオ

Sさんが中学3年生だった時の夏休み。高校受験を控え、夜遅くまで勉強していたそうだ。

Sさんは勉強をする際、好んでラジオを聴いていた。特に深夜にはおもしろい番組があったので、休憩がてら勉強の手を緩め、ラジオを聴いていたそうだ。その日もいつも通り、お気に入りのラジオ番組を聴いていたという。

ラジオを聴きながらふと時計を見ると、午前1時30分。Sさんは夜食に何かお菓子でも食べようかな、と立ち上がろうとした。その次の瞬間…

…ラジオの音が、小さくなっていった。まるでだれかが音量を調節したように感じたという。ラジオを手にとって確認したが、音量は正常。コンセントに繋いで聴いていたので、電池不足というのも考えられない。

どうしたんだろう?…そう思ってSさんは、ラジオの音に耳をすました。すると……聞こえてきたのはいつものラジオ番組ではない…。

洞窟の中に風が響いているような…ごぉぉぉぉ…ごぉぉぉぉ…という音。獣がうなっているようにも聞こえる。その中で、誰かが、何か話していた。しかし、小さな声で聞き取れない。Sさんはますます耳をすました。

「●●●……こい……!」声は、そう言っている。●●●の部分は聞き取れない。ただ、誰かを呼んでいるようだ。…●●●の部分は誰かの名前なのだろう。…でも…一体誰の…?

Sさんはさらに注意深く声を聞こうとして……やめた。

どうしてかわからないが、その名前を探ってはいけない…そう感じたからだ。Sさんは、ラジオのスイッチを切ってコンセントから抜き、押入れの奥にしまった。

それ以来、怖くてラジオを聴くことがなくなったそうという。

怖い話データ

観測場所:神奈川

観測者:女性(当時年齢:不詳)

タグ:

怖い話を投稿する
サイトマップ