ぞくっ、

訪れたもの

Kさんがまだ小学生のころの話。Kさんの家は厳しく、両親から、夜9時には寝るように言われていた。

とはいえ、夜9時という時刻には全然眠くないということも多い。ゲームを遊びたい時や、マンガを見たい時だってある。だから、言いつけを破ってこっそり遊んでいた時もあったそうだ。

しかし、一度見つかってこっぴどく叱られてからは、ちゃんと床につくようにしていた。ただ……その日はいつにも増して目が冴えていたという。

ベッドに入ってもまったく眠気がやってこない。どれくらい時間が立ったんだろう……と時計を見ると、9時30分。夜9時30分という時刻は、Kさんのお父さんが帰宅する時刻だった。

お父さんは帰宅するとまず、Kさんが寝ているかどうか確認にくる。以前見つかった時も夜9時30分。お父さんに見つかったのだ。ちゃんと寝ていないと、今日も怒られるかもしれない…。そう思ったKさんは、布団に潜った。

布団の中からでも、ドアの開く音は聞くことができた。お父さんが近づいてくる足音も聞こえる。そして……Kさんの部屋のドアが開く音。

Kさんは、思わず息を潜めた。じっ…と…視線を感じる。どのくらいの時間か経って…やがて、声が聞こえた。

「…に……のか…」小さい声で、何を言っているのかはわからない。「…たい……?」語尾の音が上がっていることから、何かを尋ねているのは分かる…。

問いかけに答えた方がいいのかな…。そう思ったKさんは布団から顔を出そうとした……しかし…。次の瞬間、グラっ…と目が回るような感覚に襲われ……気が遠くなっていった。

気付いた時、Kさんはベッドの上にいた。顔は布団から出している状態。ふと、時計を見ると…

…9時25分だった。さっき、9時30分だったのに…?そう思って時計を確認するが、どこにも異常はない。体中にいやな汗がにじんだという。

それからしばらくして、ドアが開く音が聞こえ、「ただいま!」というお父さんの声が聞こえたそうだ。Kさんは怒られるかもしれない等まったく気にすることなく、お父さんの元に急いだという。

その日、一度目に経験した9時30分。部屋を訪れたのが何者だったのか…。そして結局何と言ったのか…。Kさんは、今でもまったくわからないという。

怖い話データ

観測場所:神奈川

観測者:男性(当時年齢:小学生・具体的な年齢は不詳)

タグ:

怖い話を投稿する
サイトマップ