ぞくっ、

押入れ

Tさんの大学時代の話。その日は、サークルで仲良くなった先輩がTさんの住むアパートへと遊びに来る予定だった。

先輩は、予定より10分遅れてTさん宅についた。ドアを開けると、手にはコンビニの袋。「遅れちゃってゴメン、お詫びにジュース買ってきたわ」

そう、笑いながら先輩は炭酸飲料の入ったペットボトルを渡してきた。しかし、Tさんがペットボトルを受け取ろうとすると、先輩の顔がこわばった。

「……どうしたんですか…?」Tさんが聞くと先輩は――「いや、別に…なんでもない、ごめん」――といって、そのまま部屋へと入っていった。

2人はそのままサークルの話をしたり、TVゲームをしたりして遊んだ。先輩の様子におかしなところはなかったので、Tさんも「きっと瞬間的に立ちくらみにでもなったんだろう」と気にしないことにした。しかし、しばらく遊んでいるとTさんはあることに気付いた。

先輩は、一見楽しそうにしているのだが、時折、チラッ、チラッ、とよそ見するのだ。必ず、同じ場所をよそ見する。

……その場所にあるのは、押入れだった。

「うちの押入れに何かあるんですか…?」Tさんがそう聞くと先輩の顔色が変わった。先輩はしばらく言いづらそうにしていたが、覚悟を決めたように、やがてこう言った。「……なあ、T…、この部屋、嫌じゃないの?」

「えっ…?」Tさんが聞きかえすと、「いや、いいんだ…また今度話すわ」そう言って先輩は黙ってしまった。その後、何か気まずくなってしまい、その日はお開きにしたという。

後日、Tさんは大学の食堂で先輩から声をかけられた。「なあ、T、あの部屋、引っ越した方がよくないか?…あの押入れからなんか、嫌な感じがするんだよ…」その言葉に、Tさんは驚きで言葉を返せなかったという。

……実際、その押入れには奇妙な出来事があったのだ。

ある日Tさんは、押入れの中の天井の板が外れているのを見た。きっと元から、天井の板が外れていたんだろうと思い、元に戻しておいた。

その後、しばらくぶりに押入れの中の天井を見ると、閉めたはずの天井の板が外れている。確かに戻したはずなのに……でも、勘違いかもしれない。そう思ったTさんは、天井の板を元に戻した。

さらにその数日後…、押入れの中の天井を見ると、また、天井の板が外れていた。

さすがに、そんなはずはない。言葉にできない不安を感じたTさんは、今度は天井の板を元に戻すだけでなく、外れないようにガムテープでしっかり目張りをした。

それは、先輩と会う2日前のことだったという。ガムテープで目張りをして以降、押入れを開いたことは一度もなかった。中がどうなっているのか、わからない……。Tさんは先輩にそのことを話した上で、引っ越しを決意したそうだ。

引っ越すまでの期間も、引っ越しの最中も、Tさんは押入れを一回も開かなかったという。中に入れていた物は諦めたそうだ。「いいんです。どうせ大したものは入れてませんでしたから…」

引っ越した先のアパートでは、不思議な現象には遭遇しなかったそうだ。

怖い話データ

観測場所:東京

観測者:男性(当時年齢:20代・具体的な年齢は不詳)

タグ:

怖い話を投稿する
サイトマップ