ぞくっ、

お守り

お守りの中に何が入っているか、ご存じだろうか。お守りというのはもちろん、初詣の際などに神社で買う、あのお守りだ。

実はお守りの中身は、買った場所によって様々。神社の名前が書かれた木の板ということもあれば、紙のお札ということもある。神器などのモチーフを金属やプラスティックで形どったものが入っていることも。

この話を教えてくれたAさんのお守りの中には、小さな刀が入っていたそうだ。金属でできた、銀色の刀。もちろん、形どっているだけで本当に切れるわけではない。親指くらいの長さの……いわば金属製ミニチュアだ。

そのお守りは、AさんとAさんの弟が母親から譲り受けたもの。…というか、いつの間にか財布の中に強引に入れられていた…というのが実際のところらしい。いずれにせよ、Aさんとその弟は意識していないものの、常にそのお守りを持ち歩いていた。

ある夏休みのこと。Aさんとその友達とで、肝試しに行くことにした。場所は、近所にある廃墟となったビル。Aさんの弟も一緒に来たがったため、3人でそのビルへ。

ビルの中に入ると、ひんやりとした空気が漂っており、いかにも肝試しという風情を漂わせていた。

最初は全員まとまって探索していたものの、次第にそれではものたりなくなってきた。廃墟の雰囲気に慣れ、恐怖感が薄れたためだ。そこで、3人別れて、バラバラに探索することに。

1時間ほど探索を楽しみ……集合場所である入口に戻ると……Aさんの弟がいない。10分ほど待っても来ないので、Aさんと友人は再度ビルの中に入った。1か所1か所確認していく…。

…しかし、Aさんの弟はどこにもいない。「もしかして、行き違いになった…とか?」「すれ違っても気付かないような場所、あったっけ…?」「ないと思うけど、それ以外考えられないじゃん…」

しばらく話しあった後、2人は改めてビルの入口に戻った。…だが、やはり弟はいなかった。

「…どこ行ったんだろ?」「先に家に帰ったのかもしれない…」「じゃあ家に帰ろうか…」もはや家以外に弟の場所の心当たりがない。仕方なく2人は家路についたという。

だが……家にも弟の姿はなかったそうだ。

Aさんが泣きながら弟を探していると、家にいた母親から何があったのか問われた。一部始終を話すと、Aさんはこっぴどく母親に怒られたそうだ。しかし、とにもかくにも弟を探さないことには何も解決しない。母親は、警察に連絡をしようとした。

その瞬間。母親の携帯が鳴った。電話の主は、弟だった。Aさんが先に帰ってしまったので、怖い。迎えに来て欲しいとのこと。電話を切ると、Aさんと母親の2人でビルまで向かったという。

ビルにつくと、弟は入口のところに座り込んでいた。疲れ果ててはいるものの、怪我をした様子もなく無事だった。

「ひどいよ、置いてくなんて…」そう言う弟に、Aさんは「ごめん…でも、見つからなかったじゃん。一体どこにいたんだよ?」と聞いた。すると弟は、少し考え込んだ顔をして…

「わからない……ぼく、一体どこにいたんだろう…?」

「はぁ…? 自分がいたとこだろ?わからないのかよ?」「うん……気付いたら、入口にいたんだ…」

家に帰ってから、二人は「ちょっと来なさい」と母親に呼ばれた。「財布につけているお守りを出しなさい」大人しく母親に従うと、母親はお守りの紐をほどき、中身を取り出した。

Aさんの御守りから、刀のミニチュアが出てきた。刀は、ところどころ赤黒く錆びているものの、全体的には銀色に輝いていた。弟さんの御守りからも、同じく刀のミニチュアが出てきたが…全体が赤黒く…ボロボロに錆びていた…。

それを見た母親は一言、「あの場所には二度と行っちゃダメだから」と言った。その日はそれ以上、何も言われることはなかった…。

後日、Aさんと弟は、母親から新しいお守りをもらったという。2人とも、大人になった今でも、そのお守りを肌身離さず持ち続けているそうだ。

怖い話データ

観測場所:神奈川

観測者:男性(当時年齢:中学生・具体的な年齢は不詳)

タグ:

怖い話を投稿する
サイトマップ