ぞくっ、

嗚咽

Yさんが旅行に行った夜のこと。

色んな場所を観光して疲れた体にお酒を入れたため、21時前だというのに眠くなってしまったそうだ。せっかくの旅行先の夜、もう少し起きていたいと思ったものの……眠気には耐えきれなかった。Yさんは22時前には床についたそうだ。

その夜、不意にYさんは目を覚ました。時計を見ると、深夜2時を過ぎたくらい。「早く寝たせいだな…」…そう思ったYさんは再び寝ようとした。しかし…

…体が動かなかった。まぶたすら閉じることができない…。「これが金縛りというやつか…」…そう思ったという。ただ……動かすことはできないが、感覚はあった。

右を向いて寝ているYさんの背後に、何者かがいる。背中の感覚で、それが分かるのだ。…その何者かは、泣いていた。しくしくと、すすり泣いている。ときおりしゃくりあげるような声が聞こえ、息がYさんの首筋にかかった。

何が言いたいんだ…?そもそも何者なんだ…?Yさんは逃げ出したかった…。いや…せめて、何がいるのか確認したい。

しかし、何もすることができない。

何もできず、ただ不安に耐えるだけの時間は苦痛以外の何物でもなかった。

どれくらい時間が経ったのか…。気付くと外が明るくなっており、背後の気配はなくなっていた。体も、動くようになっていた…。振り向くと、Yさんの後ろには…

…誰もいなかったそうだ。

翌日、Yさんはホテルを変更したという。

怖い話データ

観測場所:山梨

観測者:男性(当時年齢:不詳)

タグ:

怖い話を投稿する
サイトマップ