ぞくっ、

何でもない部屋

Kさんが出産をした時の話。その年の夏、Kさんは実家で出産するため旦那さんを残して里帰りしたそうだ。

家に帰ると、Kさんが昔使っていた部屋は既に物置となっていた。そのため、Kさんには別の部屋があてがわれたらしい。その部屋はKさんが子どものころから、何でもない部屋だった。

家族の誰かの部屋ではない。寝室でも客間でもない、かといって物置でもない。何でもない部屋としか言いようがない。

そんな部屋だったから、思わずKさんは「この部屋使っていいの……?」と母親に確認したそうだ。すると母親は「まあ……他に部屋ないし……」と口ごもるように答えたらしい。

何か変だな……Kさんは不安になったが、他に部屋があるわけではない……。しかたなく、その部屋を使うことにした。……その夜のことだ。

Kさんが布団に入って寝ていると、ふと、誰かの気配を感じた。気のせいだろう……そう思いたがったが、気配はどんどん強くなってくる。Kさんはうっすらと目を開けた。

そこには、男の子がいたそうだ。「誰だろう……」そうKさんは思ったが、不思議と怖くはない……。

男の子はやさしく笑いながら、うれしそうにKさんのお腹をなでたそうだ。Kさんから不安な気持ちが消え、いつしかKさんは寝てしまったらしい。……気付くと朝だったそうだ。

翌朝……母親に尋ねると、「やっぱり……」と漏らしたという。

Kさんが深く聞いたところ、実はKさんには兄にあたる人がいたのだという。何でもない部屋は、本当はKさんのお兄さんの部屋だったのだ。ただ……お兄さんは、幼くして亡くなってしまった。

Kさんのご両親は、それ以降、どうしてもその部屋を使う気になれなかったのだという。お兄さんの死が悲しかったというのもある。ただ、その後に生まれたKさんがその部屋を使ったら、お兄さんと同じように亡くなってしまうのでは……。……そう、思ったのだそうだ。

「でも、そんなことないよね。だってあんたのお兄さんなんだもん……」Kさんのお母さんはそうつぶやいた。

その後、Kさんの子どもは無事生まれたという。元気な男の子だったそうだ。

怖い話データ

観測場所:北海道

観測者:女性(当時年齢:28歳)

タグ:

怖い話を投稿する
サイトマップ