ぞくっ、

祭りのお面

子どものころ夢中だったのに、大人になるとまったく興味のなくなるものがある。人によってそれは違う。おもちゃだったり、お菓子だったり、アニメだったり…。Oさんにとってそれは、お面だった。

この話は、今から20数年くらい前にさかのぼる。当時、Oさんは小学校に入りたて。東京都杉並区の荻窪に住んでいたという。

Oさんは夏になると開かれる、地元の神社のお祭りを毎年楽しみにしていた。その年のお祭りは平日からの開催。はやる心を抑えきれなかったOさんは、父の帰りを待たずに、母、兄、妹という4人でお祭りに向かった。

商店街の端っこに位置している神社は、入り口から本堂までがかなり長い作りだ。その道の左右に、毎年出店がずらっと並ぶ。

出店でOさんがいつもねだったのは、お面。アニメや漫画のキャラクター、特撮のヒーロー……店先に沢山並んだ色とりどりのお面に、毎年Oさんは引きつけられていたという。

ねだったところで、すぐに壊れてしまうからと買ってもらえないことも多かった。しかしその日は「お父さんに内緒だよ」と言って、母親が買ってくれたという。当時Oさんが大好きだった、あるアニメの主人公の女の子のお面だ。

買ってもらったお面を頭の横につけ、Oさん達は金魚釣りや型抜きなどを一通り楽しんだ。家に帰ったころにはさすがに全員疲れきっており、そのまま泥のように眠ってしまったという。

Oさんが目を覚ますと、真夜中だった。目を覚ましてすぐ、ベッドから壁の時計を見上げたのだという。2段ベッドの下がOさんのベッドだった。

時計を見てまだ夜中だと確認したOさんは、うとうとしていたため、再び眠りにつきそうになった。すると……

2段ベッドの上から、すーーーっと、お面が降りてきた。能面のように、白いお面。

2段ベッドの上には、Oさんのお兄さんが寝ていた。普段からちょっかいやいたずらをするのが大好きで、Oさんはいつも泣かされていたという。Oさんは、またかという思いで「お兄ちゃん、やめてよ…」と言った。

このままいたずらを続けられるのは敵わない……そんな思いでOさんが上のベッドに上がると、そこにはすーすー寝息をたてるお兄さんの姿。

話しかけてみたが、たぬき寝入りという感じでもない。見回すと、辺りに先ほどのお面は見当たらなかった。気のせいかな……そう思ったOさんは自分のベッドへ戻った。

自分のベッドに戻ったOさんは、寝ようとしたものの……一度起きてしまったせいか、なかなか寝付けない。だから、しばらく2段ベッドの上の方を見ていたという。

すると、またすーーーーーっと、お面が降りてきた。これにはささすがのOさんも、怒って声を上げたという。「お兄ちゃんいいかげんにして!」

と、その瞬間能面の眼が三日月型に変わり、声を立てて笑いだした。ゲラゲラと笑うお面に恐怖を感じたOさんは、悲鳴をあげて布団に潜りん込んだという。すると、ドアの開く音が聞こえ、「どうしたの?」という声。

――お父さんの声だったという。その声に安心したOさんは、ベッドから降り、お父さんに一部始終を話したのだそうだ。お父さんは「今日は一緒に寝ようね」と言ってくれ、その日はお父さんのベッドで一緒に寝ることになった。

――翌朝。起きると、ベッドにお父さんの姿はなかった。リビングに行くと、お母さんが朝食の用意をしている。

「あのねママ、昨日の夜怖いことがあったんだよ…。でもお父さんが助けてくれて、一緒に寝てくれたんだ…」お母さんの背中に向かってOさんがそう話しかけると――

「なに言っているの?……パパ、昨日から出張じゃない…」お母さんは。そう、返した。

あの夜のできごとはなんだったのか、大人になった今もまったくわからないという。ただ、Oさんはそのお面も、助けてくれたお父さんの姿も、確かに見たのだそうだ。

怖い話データ

観測場所:東京

観測者:読者投稿(当時年齢:小学生・詳しい年齢は不詳)

タグ:,

怖い話を投稿する
サイトマップ