ぞくっ、

窓にぶつかるもの

Tさんの家は、山の奥にあった。鬱蒼とした木々に囲まれているため、日が暮れるとあたりは真っ暗だそうだ。また、虫が多いのも悩みの種。夏の夜、うっかり雨戸を閉めるのを忘れてしまうと、部屋の光に誘われた虫が窓にみっちりと群がってしまうらしい。

虫がいる状態だと雨戸を閉めるわけにもいかず、朝までその状態となる。その光景だけでも異様だが、大きめの虫が窓にぶつかると、ドン!ドン!という音が響き、うるさくてかなわないという。

その日も、Tさんはついうっかり雨戸を閉めるのを忘れてしまったそうだ。しかも運の悪いことに、家でこなさなければならない仕事を抱えていた。部屋の灯りを消して寝てしまうわけにもいかない。

しかたなくTさんは、虫がドンドンと窓にぶつかる中、仕事をこなした。幸いTさんは、耳栓を備えていた。以前雨戸を閉め忘れた際うるさかったので、念のため耳栓を買っておいたそうだ。そのため、音に関してはそこまでストレスではなかったという。

…しばらくの間は。

というのも、深夜1時を過ぎたくらいから、音がどんどん大きくなってきたのだ。Tさんは、深夜に入って虫が活発になってきたのかな……くらいに思っていた。

ただ、耳栓の上からでもうるさいと思えるほど音が大きくなり……さすがにこれはおかしいと感じ…、カーテンを開けて窓を見た…。…すると、そこには虫など一匹もいなかった。代わりに…

真っ赤な手形が、窓にびっしりとついていた…。

その光景に驚いたTさんは、仕事で参っていたせいもあってか、気絶してしまった。気付いた時には、窓の外はすっかり明るくなっていたそうだ…。

改めて窓を見ると……手形など影も形もなかったという。

怖い話データ

観測場所:長野

観測者:男性(当時年齢:不詳)

タグ:

怖い話を投稿する
サイトマップ