ぞくっ、

昆虫採集

Dさんの小学生時代。そのころはまだ、そこここに野山があり、気軽に昆虫採集できる時代だったという。今では当然のようにデパートで昆虫を販売しているが、当時はむしろ昆虫を買うという発想が珍しかった。…そんな時代の話だ。

昆虫の中で人気なのはやっぱりカブトムシとクワガタ。カブトムシやクワガタは、クヌギの木から出る蜜が好物。そのため、クヌギの木が多い雑木林が狙い目だ。

もちろん、Dさん達も近所で一番クヌギの木の多い雑木林で、昆虫採集をしていた。昆虫採集を成功させるためには、夜遅くに出かけるのがベスト。夜の内にクヌギに蜜をたっぷり塗っておき、集まってきた昆虫たちを、朝早くゲットするのだ。

その日もDさんは、蜜をしかけるため夜遅くに雑木林へ出かけた。もう夜11時を回っていたという。

無音といっていいほど静かな夜。雑木林の中は灯りなどなく、真っ暗だ。その中を懐中電灯を頼りに進んでいく。しかし、毎日のように来ている雑木林。Dさんは転ぶことはおろかつまづくこともなく進んでいった。

ところが……無事に蜜を仕掛け、帰ろうと振り返った時。

顔に何か、糸状のものがべたーっと触れた。

触ると、べたべたする。きっとクモの巣だ。そう思ったDさんは思いきり振り払うと、来た道をスタスタと引き返した。

そのまま寄り道もせず、Dさんは家に着いた。家のドアを開けると、手の指に違和感がある。べたーっと、糸がまとわりついているような感覚だ。クモの巣が手についっちゃったのか…。そう思ってDさんが手を見ると…

それはクモの巣ではなく、髪の毛だった。

その髪の毛には…、…赤黒いべたーっとした液体がこびりついていた。Dさんは思わず悲鳴を上げるほど驚き……風呂場で念入りに手を洗ったという。

ちなみに、それでも懲りずに昆虫採集を続けたとのことだが、同じ現象には二度と遭遇しなかったそうだ。

怖い話データ

観測場所:神奈川

観測者:男性(当時年齢:小学生・具体的な年齢は不詳)

タグ:

怖い話を投稿する
サイトマップ