ぞくっ、

クラクション

Hさんが車でドライブをしていた時のこと。時間はちょうど、深夜0時を過ぎたくらいだったそうだ。仕事が終わって、どうにも寝付けないので気分転換にドライブに出たのだという。

車通りの少ない深夜のドライブは非常に快適で、Hさんは上機嫌だった。お気に入りのラジオを聴きながら、運転していたそうだ。

しかし、トンネルに入ったくらいからラジオにノイズが入りだし、やがてラジオの音が完全に消えた。トンネル内で電波の状況が悪いのかな、と思ったという。

すると次の瞬間、ぽぉぉぉぉーーーーっ!という音が聞こえた。

車のクラクション?暴走族か走り屋が後ろから煽っているのか…?Hさんは焦りを覚えながらも、なんとか振り切ろうとスピードを上げた。

しかし、ぽぉぉぉぉーーーーっ!という音が遠くに離れない。…いや、離れないどころか、ますます大きく聞こえる。一体何者なんだ…?そう思ったHさんはバックミラーに目をやった。

しかし、車の後ろには何もいない…

…いや、違った。車の、中だ。

バックミラーに映るHさんの車内に、真っ白な顔をした女がいる。その女が、大きな声でぽぉぉぉぉーーーーっ!と喚いている。どうしよう? どうすればいい?Hさんは焦った。

しかし、いい方法が思いつかない。仕方なくそのままスピードを上げ続けた。

そして…なんとか事故らずにトンネルを抜けると、音は止んだ。スピードを徐々に落としながらバックミラーを見ると…先ほどの女はもういなかった。

ラジオの音も、元に戻っていたそうだ。

怖い話データ

観測場所:神奈川

観測者:男性(当時年齢:不詳)

タグ:

怖い話を投稿する
サイトマップ