ぞくっ、

肝試し

Yさんが体験した話。ある日、近所にあるというダムに友達皆で行くことになった。

目的は、肝試し。

そのダムは、自殺者が出るということで有名なダムだったのだ。出かけたのは、Yさん、Sさん、Dさんという3名。うち、YさんとDさんは男性。Sさんは女性だった。

ダムの周りは鬱蒼とした森林地帯。森林に漂う静けさと大きく広がるダムの水面とに圧倒され、Yさん達はみな、神秘的な気分になったという。ただ、荘厳で神秘的な雰囲気ではあるものの……怖くはない。そこで、Dさんが言いだした。

「周りの森林もちょっと探検してみない?」せっかく肝試しに来たのに、怖い気分が味わえないのではもったいないというのだ。確かに、わざわざガソリン代もかけているのだから、その意見は分かる。そう思ったYさん達は、辺りの森林を散策しだした…。

しかし数分も散策すると、探検しようと言いだしたDさんが自ら、帰ろうと言いだした。「Dが言いだしたことなのに…」とはいえ、ことさら森林散策がおもしろいわけでもなかった。「帰るってことでいい?」と聞くと、Sさんもうなづいている。

結局、散策をそこでやめて、帰ることになった。その、次の日のことだ。Dさんから一通のメールがあった。

「あの日、森林探検していた時、一人多かったよな?」

Yさんが「なんのこと?」と返すと、すぐに返信が。「一緒にいたあの女、誰だ?」「何言ってんだ?Sさんじゃないか?」

そう返すと、「お前こそ何言ってんだ!Sさんは車で待っているって、森林には来なかったじゃないか!」そう言われて、Yさんも思いだした。ダムを見ている途中でSさんは気分が悪くなり、車で待っていることになったたのだ。

その時の女性が誰だったのか……Yさん達はそれ以上深く追求しなかった。怖い気持ちが先に立ってしまったからだ。

…そのダムの自殺者の多くは、女性だという。

怖い話データ

観測場所:京都

観測者:男性(当時年齢:不詳)

タグ:

怖い話を投稿する
サイトマップ