ぞくっ、

渇き

Yさんが、新しいアパートに引っ越しをして1か月ほど経ったころの話。

引っ越して以来、どうも夜にのどが渇く日々が続いていたという。しかし、Yさんは夜にお酒を飲むことが多かったので、そのせいかと思って気にしないでいた。ただその日は、お酒を飲まなかったそうだ。

…にもかかわらず、夜中に強烈なのどの渇きを覚え、目が覚めた。時計を見ると、深夜2時30分を指している。眠気もあるので、我慢しようかと思った。…しかし、水が飲みたくて飲みたくてしかたがない…。

どうしても我慢ができなくなったYさんは、布団から出ると、隣の部屋へと向かったなぜ水道のある台所ではなく隣の部屋に向かったのか、Yさんにもわからない。とにかくYさんは、隣の部屋に向かったのだという。

隣の部屋を開けると、焦げ臭いにおいが鼻をついた。まさか…火事…!?そう思ったYさんは急いで灯りをつけた。水を飲んですぐに寝ようと思っていたので、灯りをつけず移動していたのだ。

しかしいくらスイッチをつけても、灯りがつかない。カチカチ…。カチカチ…。何度かスイッチをいじり、やがてYさんは気付いた。

灯りはついている…。部屋が暗いのではない……黒い。…部屋が煤で真っ黒なのだ。まるで、部屋が火事で焼けてしまったようだった。

その光景を見ながらYさんは、自分の体が熱くなっていくのを感じていた。まるで、炎にあぶられているようだ。熱くなっているのに伴い、のどの渇きも激しくなっていく。

Yさんの呼吸が荒くなっていく…。熱も渇きもどんどん強くなっていく…。そして……Yさんは意識を失った。

Yさんが気付いた時は、いつも通り布団の上だったそうだ。全身が汗でびっしょり濡れていたという。隣の部屋をおそるおそる確認すると…

…何のことはない、普段通りだった。灯りもついていなかったそうだ。

ただそれ以来、どうにも隣の部屋が怖くなってしまい、他の場所に引っ越すまで隣の部屋は一切使わなかったという。

怖い話データ

観測場所:東京

観測者:男性(当時年齢:不詳)

タグ:

怖い話を投稿する
サイトマップ