ぞくっ、

いたずら

Sさんは、一度だけ霊能者を頼ったことがあるという。

社会人になって数年が経過したころ、ある日を境に急にツキが悪くなった。通勤電車に乗り遅れたり、お弁当が目の前の一人で売り切れたり…。細かいことではあるのだが、ツイてないな、と感じることが増えたのだそうだ。

それだけではない…。体調の悪さも感じるようになっていた。朝起きが苦手になり、起きると頭痛やだるさを感じるようになっていた。

友達に相談すると、五月病とかうつなんじゃないか?というので、一応、心療内科を受診してみたそうだ。しかし、五月病とかうつとかいう状況ではないとのこと。少し様子を見てみようという話になった。

異変は、それ以外にもあった。

身の周りでちょっとした不思議な現象を目にし始めたのだ。ある日は、散らかしたつもりはないのに部屋が散らかっていた。またある日は、タンスやテーブルといった家具に、クレヨンで描いたような小さな汚れがついていた…。

さらにある日は、ポケットにくしゃくしゃの紙の切れ端が入っていた。切れ端を伸ばしてみると、3歳くらいの子どもが描いたような、何が描いてあるのか判然としない幼稚な絵が描かれていた。

まるで…、自分の周囲に透明な子どもがいて、その子どもがいたずらをしているようだった。

それから2週間ほど過ぎたが、何も改善しなかった。ツキの悪さも体調も、不思議な現象も。…何ひとつ改善しない。

そこで、Sさんは意を決して、霊能者に相談してみたそうだ。霊能者は、ネットで検索したという。

するとその霊能者はこう告げた。「どうしてかわからないが、子どもの霊がとり憑いているようだ…。その部屋に引っ越してくる前に、その部屋で子どもが死んだとか、そういったことがあったのでは…?」

だが、その部屋はこんなことが起こる数年前からSさんが住んでいる部屋だ。今さらになって子どもの霊に祟られるというのは、感覚的に納得できない。

それに、その後すぐ十数万円もする高額なお守りを勧められたこともあり、Sさんはその霊能者を信用しないことに決めたそうだ。

とはいえ……事態は何も解決していない。

Sさんがほとほと参っていたある日、近所の人にこんなことを言われた。「弟さん、かわいいですね…」

「えっ!?」Sさんには弟などいない。一人暮らしだ。驚いて聞き返すと、近所の人はこんなことを語った。

以前…ちょうど、Sさんの周りでおかしなことが起き始める直前のこと…小さな男の子がSさんの家の前で行ったり来たりを繰り返していたことがあった。「どうしたの?」と聞くと、泣きそうな顔をしだした。そこで、その人は言ったらしい。

「この家の子?だったら外じゃなくて中に入りなよ」

その言葉に、子どもはこう聞き返した。「…いいの…?」「うん、いいよ…」その言葉を聞いた子どもは、嬉しそうにSさんの部屋に入っていったのだという。

この話を聞いた瞬間、Sさんの背筋に悪寒が走り、その場に立っていられなかった。

Sさんは次の日すぐさま引越しの準備を開始し、他の家に引っ越したそうだ。

その後は不思議な現象も収まり、体調も改善したそうだ。ただ…ツキの悪さは相変わらずだという。

怖い話データ

観測場所:神奈川

観測者:男性(当時年齢:不詳)

タグ:

怖い話を投稿する
サイトマップ