ぞくっ、

一緒に遊んだ

Rさんが子どものころの話。Rさんは、山形の中でもかなり田舎と言われる場所で育ったという。

幼いころのRさんは、Aちゃん、Yちゃん、Kちゃんという4人でいつも遊んでいた。Aちゃんは同じ小学校に通う友達。YちゃんとKちゃんは違う小学校に通っていたのだが、Rさんの親戚だったため一緒に遊んでいた。

いつも4人は仲がよかった……そう、記憶している。ただ、4人のうちAちゃんにはちょっと不思議なところがあったそうだ。

いつも、人形の話ばかりをしてくる。いわく…、その人形は育つのが遅いからかわいくない…。その人形は無口だからかわいくない…。その人形の髪型がかわいくない…。

かわいくないという話ばかりするAちゃんに、ある日Rさんはこうたずねた。「どうしてそんなかわいくない人形を、いつまでも持ってるの?」……すると、Aちゃんはこう言ったそうだ。

「だから、捨てられてん…」

「捨てた」ではなく「捨てられた」という受身形なのが、子ども心にひっかかったそうだ。しかし、そのことを深く追求した記憶はRさんにない。そもそも、Aちゃんについての思い出はそれ以上覚えてないのだという。

大人になってから、Rさんは不意にAちゃんのことを思い出すことがあったそうだ。「そういえば、Aちゃんって今、どうしているかな…」

Rさんは、一緒に遊んでいた内の一人……親戚のYさんに電話をしてみた。Yさんはまだ山形に住んでいるので、何か知っているかもしれない……そう思ったのだ。電話に出たYさんは、こう告げた。

「え?Aちゃん…誰それ…」「ほら、小学生のころ、いつも4人で遊んでたでしょ…?」「はぁ!?小学生のころはいつも3人で遊んでたでしょ? 何言ってるの…」

驚いたRさんは電話を切り、押入れを漁って小学校の卒業アルバムを取り出した。

そこには、Aという名の生徒はいなかったそうだ。

「でも、途中で転校したのかもしれないし、Yさんの記憶違いってこともあると思うんです」…とRさんは結んでいる。

怖い話データ

観測場所:山形

観測者:女性(当時年齢:小学生・具体的な年齢は不詳)

タグ:

怖い話を投稿する
サイトマップ