ぞくっ、

変貌

Tさんには仲の良い従姉妹がいた。家が近所だったため、幼いころからよく2人で遊んでいた。学校に入ってからも、放課後はほとんど2人で遊ぶことが多かった。

従姉妹はとても明るく、ほがらかに笑う子だった。笑った時にうかぶえくぼと、大きめの八重歯が特徴的だったという。

ある時…近所にあった小さなアーケード通りの中のお店がすべて閉店した。…といっても一斉に閉店したわけではない。一年ほど前から一店、また一店と閉店していき……そのころ最後の一店が閉店したのだ。

ちょうどそのころ、学校で心霊ブームがあった。学校に心霊写真を特集した本を持ってきた生徒がおり…そこから徐々に皆の中に流行っていったのだ。最初は心霊写真を見る程度のブームだったものの、やがて心霊スポット的なところに行ってみようという話に…。

生徒達が目をつけたのは……閉店したアーケード通り。すべてのお店のシャッターが閉じ、閑散とした様子はいかにも心霊スポット的。生徒達が肝試ししたがるのも無理なかった。

実際に肝試しをした生徒も少なくないそうだ。…もちろん、実際に心霊現象に遭遇したという生徒はゼロだった。

だからTさんと従姉妹も、ちょっとした冒険気分で肝試しをしてみようという話になった。ただ、他の生徒達とちょっと変わった肝試しをしたい。そこで、夜に家を抜け出して、肝試しをすることにした。

肝試しとはいえ、さほど時間のかかるものじゃない。何せ、小さなアーケードの商店街。しかも、すべての店のシャッターが下りている。見るところなど限られているのだ。

さらにいえば…夜なので、シャッターが閉じていても違和感がなかった。夜の閉店後、フツーに商店街を訪れるのと変わらない。ただ……ひとつだけ違和感があった。

ある店舗のシャッターに、お札が貼られていたのだ。黄ばんだお札に赤い文字で、呪文のような文字が書かれていた。

不思議なのは…お札の貼られたその店舗が元々何の店舗だったのか、わからないこと。思いだせもしない…。思いだすきっかけとなるような手がかり…看板やのぼりのようなものは一切なかった。

Tさんはじっとその店舗を見つめていたが、そのままそのお店を眺めていると、店の中に吸い込まれるような気がして、目をそらした。シャッターが完全に下りているのに、どうして吸い込まれそうに感じるのか不思議だったという。

目をそらして、ふと従姉妹が今どこにいるのか気になった。左右を見回すと、従姉妹はその、お札の貼られた店の前にいた。お札をじーーーっと見つめて、何かぼそぼそとつぶやいている。

Tさんは言いしれない怖さを感じて、従姉妹の手を取った。「ねえ、もういいよ。もう帰ろう!」Tさん達の肝試しは、そうして終わった。お札を見かけたという以外、特に不思議なことは起きなかった…

…ように見えた。

ただ、肝試しの後、明るかったはずの従姉妹は、人が変わったように暗く内向的になってしまったという。笑うことが少なくなり、えくぼも八重歯も目にする機会がなくなった…。

いや……従姉妹が外に出ることを嫌がったため、そもそも遊ぶこと自体、減ってしまったという…。今ではその従姉妹とのやりとり自体、全くないそうだ。

怖い話データ

観測場所:神奈川

観測者:女性(当時年齢:不詳)

タグ:

怖い話を投稿する
サイトマップ