ぞくっ、

愚痴

Wさんの友人に、ファッションやヘアスタイルに人並み以上こだわる女性がいたという。これは、その女性……仮にYさんとしておこう……の話。

Yさんはキツい性格だったという。男性と交際してもすぐケンカして別れてしまう。Wさんを含めてYさんを知る友人達は皆、Yさんはきっと結婚できないだろうと思っていた、という。

だが当のYさんは、意外とすんなり結婚してしまった。だが、トラブルはそこからだった。

Yさんの夫の祖父が認知症になってしまい、同居して介護する形になったのだ。たまに会うとYさんは必ず、介護の愚痴をこぼしていたという。やがて、その愚痴はどんどんエスカレートしていった。

しかし……ある時ピタっと愚痴は止まった。

聞いてみると、夫の祖父を介護施設に入れることにしたという。ただ……Yさんの口ぶりこそ、せいせいした、というふうだが、表情が曇っている。「なんかあったの?」とWさんはたずねた。

すると、「『死んだらお前の大事なものを奪ってやる!』って言われた…」という。普段からキツい性格のYさんがそんなことくらいで落ち込む?…とWさんは思ったそうだが、Yさんによるとその言葉を告げた時の夫の祖父の顔が、凄まじい形相だったのでしこりが残っているのだという。

その後……Yさんの夫の祖父は亡くなった。

その数日後、Yさんの家が火事となり、Yさんが大切にしていた服は全て焼けてしまったという。出火元は、Yさんの夫の祖父の部屋だったらしい。

さらには…その数年後、Yさんはがんにかかり、抗がん剤の影響で自慢の髪が全部抜けてしまった。

もちろん、Yさんの夫の祖父の言葉と関係しているかどうかはわからない…。

怖い話データ

観測場所:東京

観測者:女性(当時年齢:38歳)

タグ:

怖い話を投稿する
サイトマップ