ぞくっ、

ごめんなさい

Wさんが、子どもを堕ろした時のこと。

手術後、しばらくは子宮の痛みと出血が続いていたが、夜には治まっていた。ただ、堕胎してしまったという罪の意識があり、なかなか寝付けなかったという。それでも、手術で体力が落ちていることもあってか、0時前には眠りに入った。しかし…

…深夜、突然子宮がうずき出し、Wさんは目を覚ました。急いで鎮痛剤を飲もうとしたが、体が動かない。金縛りにでもあったように、まったく身動きができないのだ。ただ…まぶただけはなんとか動かせた。

痛みに耐えながら暗い部屋をじっと見ていると、どうも宙に何かが浮いているように見える。両手を合わせたくらいのサイズの……肉の塊…。

…胎児だ。

Wさんが寝ているその上で、胎児が浮いているのだ。Wさんは瞬時にその胎児が、その日堕ろしたWさんの子どもだと認識したという。

胎児は、徐々に徐々にWさんの方へと近づいてくる。再びWさんに宿ろうとしているかのようだ。

いつしかWさんは心の中で、「ごめんなさいごめんなさい」と謝罪を繰り返していた。すると…だんだんと胎児の姿は消えて行き…やがて完全に消えた。

消える瞬間、Wさんの耳に子どもの声が聞こえたという。声は、「ごめんなさい…」と言っていたそうだ。

胎児が消えた瞬間、Wさんの子宮の痛みは完全に消え失せたという。

Wさんは涙が止められなかった。事情があったとはいえ、自分の判断で子どもの命を奪ったこと。そんな子どもに対して「ごめんなさい」としか言えなかったこと。なにより、子どもに「ごめんなさい」と言わせてしまったこと。すべてが、悲しかったという。

それ以来、Wさんは子どもの供養を毎日欠かしていないそうだ。

怖い話データ

観測場所:東京

観測者:女性(当時年齢:18歳)

タグ:

怖い話を投稿する
サイトマップ