ぞくっ、

ゲームブック

「ゲームブック」という種類の本がある。誰が読んでも同じ物語が展開する通常の本と異なり、物語に読者の意思を反映させられるのがゲームブック。文章の段落に1、2、3…と番号が振られていて、これを文章の指示に従って読み進める。

例えば、「別れ道がある。左右どちらに進む?」という場面があった場合、「左を選ぶなら段落42へ」「右を選ぶなら段落8へ」と書かれていて、、読み進む段落が変わるというわけだ。

このゲームブック、一時期流行したことがある。ちょうど、Kさんが学生時代のことだった。そのころ、Kさんのクラスではこんないたずらが流行っていた。

他人の教科書に出てくる文字に鉛筆で丸をつけてメッセージを作る。たとえば「あ」と「ほ」に丸をつけると、「あほ」というメッセージができる。あとは、ちょうどその日授業で使うページに「●ページへ行け」と指示を書きこむ。

くだらないいたずらだが、これが本当に流行っていた。なるべく何度もページをめくるようにさせた方が、メッセージの驚きがアップするためか、皆沢山のページをめくらせることに躍起になっていたそうだ。

そんなある日…Kさんの友達が、このいたずらのターゲットになった。物静かで、オカルトが好きな友達だったという。

その友達は、授業中教科書をペラペラとめくり……やがて手を止めるとしかめっ面になり……しまいには泣き出した。それからその日は一日、元気がなかったそうだ。Kさんは、ゲームブックのいたずらをされたんだな、と直感した。

その日の放課後、Kさんは他のクラスメイトがKさんの友達にいたずらをしかけたことを突き止めた。問い詰めると、「あんなに落ち込むとは思わなかったんだ」との言い訳。

一体どんなメッセージを書いたのか?と聞くと…、「く」「ら」「い」…というものだったそうだ。

しかし…実際には違っていた。その日、友達は教科書を机に忘れて帰っていた。だから、確認することができたのだ。

教科書につけられた丸は、「の」「ろ」「い」となっていた…。「ひどいだろこれは!」Kさんは思わず怒鳴った。

するとクラスメイトは慌てながら「こんなこと、こんなこと書いていない!」と返した。「ウソつくなよ!!」「だって…だって…」

「ぼくは鉛筆で書いたんだ!これ…こんな書き方していない!」

Kさんが改めて教科書を確認すると、「の」「ろ」「い」の文字につけられた丸は、赤黒い色で記されていた。鉛筆でも…赤ペンでも…絵の具でもない。一体何で書いたのか、見当もつかない…。

いや……赤黒い色と、線の太さ、ぬったりとした質感は…、まるで、血液で書いたようだった。

…さらによく見ると、「の」「ろ」「い」の他、「く」と「ら」に黒鉛筆で丸が記されていたそうだ。つまり…「の」「ろ」「い」についた丸は、誰か別の誰かがやったものということ…。

結局、「の」「ろ」「い」に丸をつけた犯人が誰かは、最後までわからなかったそうだ。

その後、友達は学校に登校しなくなり、そのまま転校してしまったという。

怖い話データ

観測場所:神奈川

観測者:男性(当時年齢:中学生・具体的な年齢は不詳)

タグ:

怖い話を投稿する
サイトマップ