ぞくっ、

動画

Hさんは、小学生のころから親しかった友人が一人、いた。放課後が終わるといつも一緒に遊んだ。中学、高校と一緒で、ずっと仲良しだったそうだ。

高校のころは、携帯電話を買ってもらったこともあって、よく録画機能で遊んでいたという。といっても大したことをやっていたわけじゃない。テレビ番組や映画のマネをして、それを撮るだけ。

撮るという行為自体がおもしろかったので、後で見返すということは少なかったそうだ。しかし、仲が良かった二人も、別々の大学に進んだためさすがに遊ぶ回数が減って行った。

ただ、何か変わったことがあると、会って話すようにしていたという。その内のひとつが、友人が車を買った時だった。

友人は高校のころから必ず車を買うと言っていた。友人の家は裕福というわけではなかったので、大学入学とともにアルバイトを開始。バイト代を貯めで合宿で免許を取り、中古車を一台買ったのだ。

車を買った友人の喜びようを見て、Hさんも自分のことのように嬉しかった。その日は、Hさんと一緒にドライブを楽しみ、車を運転するHさんの姿を沢山録画した。とても楽しそうな顔をしていたという。

その数カ月後、友人が亡くなった。

深夜にお気に入りの車を運転中、スピードの出し過ぎでカーブを曲がり切れず、思いきりガードレールに突っ込んだ。車はガードレールを突き破り、歩道を通り越し、その先の壁に激突。……即死だったそうだ。

そのあまりの暴走ぶりに、警察は飲酒や薬物、病気などを疑ったそうだが、いずれの痕跡もなかった。結局どうして友人がスピードを出すに至ったのか、分からずじまいだったという。

Hさんは、友人を失ったショックで数日間塞ぎこんだそうだ。大学に行かず、バイトも休み、家に引きこもった。

……数日経ち少し精神状況が落ち着いたHさんは、友人との思い出にひたりたくなって、貯まりに貯まった動画を片っ端から再生していったという。

どの映像でも友人は朗らかに笑っていて、Hさんは涙を止めることができなかった。やがて、あれだけあったはずの動画も減っていき……車を買った時に撮影した動画になった。

つまりその動画には、友人が死ぬ原因となった車が映っている…。…複雑な心境だったが、Hさんはその動画を見ることにしたという。

動画には、車を買って素直に喜んでいる友人の姿があった。そのまま見ていると、やがて場面はドライブ中に…。すると……不意に映像が乱れた。ノイズが走り、映像がゆがむ。

…そして、キィィィ…!という音が響く。急ブレーキをかけ、タイヤが削れているような音だ。その音にかぶさり、「げぇぇぇぇえええぇぇぇ」という、叫び声のような音。

しばらく叫び声が続きやがて途絶えると、今度は「はぁ…はぁ…はぁ…はぁ…」という荒い呼吸音がした。…そして、呼吸音が途絶えると……映像のゆがみが元に戻った。

ゆがみが戻るとそこには、楽しそうに車を運転する友人の姿…。Hさんはその動画を思わず消去してしまったという。

今から考えれば、その動画を見返せば、事故の原因が分かったかもしれない……そう後悔することもあるとのことだ。

怖い話データ

観測場所:東京

観測者:男性(当時年齢:不詳)

タグ:

怖い話を投稿する
サイトマップ