ぞくっ、

幽霊はいなかった

Aさんがまだ大学生だったころの話。ある日Aさんは友達から、幽霊を見に行こうと誘われた。

場所は、交通事故が多発することで有名なとある峠道。そこは心霊スポットではないのだが、沢山人が死んでいるんだから、幽霊の一体や二体出るだろうというのが友達の意見だ。大学時代で皆暇を持て余していたので、仮に幽霊が出なかったとしても、暇がつぶせておもしろいだろう、という。

しかし、Aさんはその誘いを断った。Aさんはホラー映画も観れないくらい、筋金入りの怖がりだったのだ。

ただ。Aさんが行かないとなると車がない。友人たちは運転免許こそ持っているものの、車を持っていなかったのだ。結局Aさんは折れ、Aさんが行かない代わり車を友人たちに貸すこととなった。

その結果…。…幽霊など現れなかったそうだ。

そんなことがあってから数週間経ったころ。Aさんは車内を掃除していると、後部座席のシートに一本の長い髪の毛が絡まっていた…。

友人の中に長髪の女の子がいるので、その子のものだろう…。Aさんはそう思い、髪の毛を引き抜こうと力を込める。若干の手ごたえの後、髪の毛が抜けた。すると…。

髪の毛の塊が…ごそっと…シートの隙間から抜けた…。握りこぶしほどのその塊は、どろっとした液体によって濡れていたという。

後日、Aさんはその車を中古車屋に売ってしまったそうだ。

怖い話データ

観測場所:山梨

観測者:男性(当時年齢:21歳)

タグ:

怖い話を投稿する
サイトマップ