ぞくっ、

匂い

Kさんがビルの夜間警備員として働いていた時のこと…。

業務内容は基本的に、モニターでビル内の監視カメラの映像をチェックする…というものだった。ただし、深夜2時30分、深夜4時30分、朝6時30分という三回、見回りを行う。このうち、深夜2時30分の見回りが鬼門だったとKさんは語っている。

警備員室は1階にあり、見回りの際は1階から順番に最上階である7階まで確認する。最上階につくころは、ちょうど深夜3時ちょっと前くらいになっていたそうだ。そして…この最上階の見回りが、どうにも不思議だったという。

Kさんが最上階について見回りを始めるとエレベーターが動きだし、1階まで下りてまた戻ってくる。建物には誰も入れないはずなのに、だ。さらに奇妙なのは、エレベーターが戻ってきた後、かすかに匂いが残っているのだという。

匂いは最初は香水の匂いだったそうだ。甘い…女性ものの香水の匂い…。だが、何日か経過したころ、その匂いが汗の匂いに変わった。ワキガのように強く感じたことから、きっと男性の汗に違いないとKさんは思ったのだそうだ。そしてある時…。

その匂いは、生臭い匂いに変わった。血の匂いだ…Kさんはそう感じたという。

次の日、Kさんはその仕事場を辞めたのだそうだ。以来、Kさんは警備員はおろか、深夜の仕事すら絶対に就きたくないという。

怖い話データ

観測場所:東京

観測者:男性(当時年齢:36歳)

タグ:

怖い話を投稿する
サイトマップ