ぞくっ、

ひな人形

Oさんの娘さんは、普段からあまりおねだりをしない子だったという。高価なおもちゃはもちろんのこと、ちょっとしたお菓子についても、あれが欲しいこれが欲しいなどと滅多に言わない。

あまりに何も言わないので、Oさんはたまには奮発してあげよう、と思ったらしい。娘さんのために、豪華なひな人形を新しく買ってあげた。親から受け継いだひな人形もあったのだが、いかんせん小さく、なによりもう古かった。

ひな人形は女の子の将来を司る存在…立派な方がいい。きっと、娘さんがこの新しいひな人形を見れば大喜びするに違いない……そう思った。

しかし、まったく逆だった。新しいひな人形を見ると娘さんは怯え、「前のひな人形は!?」とOさんを問いただした。娘さんのあまりの状況にOさんは驚いたが、その時には既に前のひな人形を処分してしまっていた。

神社で、焼いてもらって処分したのだ。古かったためか、ひな人形は跡形もないほど完全に焼けてしまったらしい。そのことを伝えると、娘さんは大きな声で泣きわめいた。

Oさんは娘さんをなんとかなだめようとしたが、娘さんはなかなか泣きやまない。「死んじゃう、死んじゃう…」と繰り返したという。「お人形さんは死んだんじゃなくて、お星様になったんだよ」と言い聞かせ、泣きやんだ頃には数時間経っていた。

その数日後…

Oさんの家が火事になった。家は全焼したという。どこから出火したのかわからないが、火の勢いはあり得ないほど凄まじく……家は跡形もないほど焼き尽くされたらしい…。

幸いなことに、OさんもOさんの旦那さんも、娘さんも無事だったそうだ…。

怖い話データ

観測場所:神奈川

観測者:女性(当時年齢:20代・具体的な年齢は不詳)

タグ:

怖い話を投稿する
サイトマップ